最高の出逢い

今季はムギマキが入って来た時季に上手く合わせることができて 最高の出逢いとなりました。
c0180204_22305069.jpg
c0180204_22305783.jpg
c0180204_2231455.jpg
c0180204_22311081.jpg
c0180204_22311986.jpg

by yuugesyou | 2016-11-01 06:00 | Comments(10)
Commented by itohnori2 at 2016-11-01 08:12
yuugesyouさん、お早うございます。
 今回は背景が抜けた絵はメスだけですが、苔生した幹の前のムギマキと実が存在感あります。
この様なお写真も新鮮に感じます。
いつも思うのですが、yuugesyouさんのお写真は発色がとても良い様に感じています。
1DXですか?
7Dではないですよね。
Commented by mitiko-aran at 2016-11-01 09:48
yuugesyouさん
おはようございます
美しい画像ですね
ムギマキの胸羽の美しい事、オレンジに黒って!
最高の組み合わせですし、
枝止まり姿も燃える紅葉のバックが、夕焼けに見えて
素敵(^^♪
この子も、ツルマサキが、お好きな様ですね
Commented by at 2016-11-01 11:26 x
こんにちは、今日は朝から冷たい雨で篭の鳥です。ブログ拝見しました。紅葉とムギマキの枝止まりいいですね。流石お見事です。先日久々に重いカメラ、レンズで撮影しましたが、手持ち撮影はキツイです。以前、痛めた肩が、歳は取りたくないですね。当分軽いカメラで。嶺
Commented by rin-koko at 2016-11-01 14:27
こんにちは~♪
まぁ、素敵に撮られたムギマキですね。
羽の色合いや輝きとってもきれいです。
枝にとまったのも背景に紅葉が入って今時期らしい写真になりましたね。
ムギマキには逢ったことがないので、こんな写真が撮れるのが羨ましいです(^^)
Commented by yuugesyou at 2016-11-01 19:19
itohnori2さん こんばんは!
いつも嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
背景が抜けた枝に止まっているのは雄の若だと思います。
この枝は苔生した幹から出ています。この幹にツルマサキが巻き付いているんです。
現在1DXMKⅡと7DMKⅡを使っていますが 発色はそれ程違わないと思いますよ。
因みに この時は1DXMKⅡに600mmX1.4で撮影しました。
Commented by yuugesyou at 2016-11-01 19:27
mitikoさん こんばんは!
いつも嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
胸の羽が黄色キビタキは容易に見ることができるけど
オレンジ色をしたムギマキに逢うのはタイミングが
好くないと簡単には見られません。
ムギマキはツルマサキの実が好きなので 
先ずツルマサキの実がある木を探します。
Commented by yuugesyou at 2016-11-01 19:31
嶺さん こんばんは!
いつも嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
重いカメラを担いで歩き回るのは大変ですよね!
私も歩き回る時は軽いレンズを持ち歩くようにしています。
歳をとると あちこちが痛んで来るので無理はできないですね。
急に寒くなりました。風邪などひかぬようご自愛ください。
Commented by yuugesyou at 2016-11-01 19:39
凛さん こんばんは!
いつも嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
今季は珍しく鳥までの距離が近かったので楽しい撮影になりました。
欲を言うなら天気が好過ぎてコントラストが強すぎました。
北海道でもマユミの実を啄んでいるムギマキを撮っている方が居ますね。
運が好ければ 凛さんの前にも出て来るかも知れませんよ。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-11-01 19:39
夕化粧さん、こんばんは〜♪
タイミング良くお出かけになられて成果も多かったようですね。
こんなに胸元の綺麗なムギマキとの出会いが出来るなんてホントに羨ましいことです。
ずっと前に行ったことがあるんですが木道が大混雑で超遠方の豆粒でした。
Commented by yuugesyou at 2016-11-01 20:13
tanuki_oyajiさん こんばんは!
いつも嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
今回は珍しくタイミングが好かったので たくさん写すことができました。
以前は木道からかなり奥まったツルマサキの実を啄んでいましたが
今季は参道を少し進んだ所に1本だけ有るツルマサキに実が有るだけだったので
そこで待っていれば間違いなく写すことができました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久し振りの出逢い 超珍鳥モリムシクイ >>